The Ole Street Journal

not so breaking news and whatnot.

大麻ツアーに行ってきた感想

calendar

スポンサーリンク

大麻吸ってきた

大麻を批判している人を見ると、「あぁ、この方はあんまり頭がよろしく無いんだな」って思う、ボクです。

ちなみに、そんなボクはにわか大麻愛好家です。

今日は空前絶後の日本国内の大麻ブームにあやかった、そんな大麻のお話です。

日本では厚生労働省から「ダメ、絶対」と言われている、くっそやばい薬物のひとつです。

そんな厚労省から注意喚起のあるゲキヤバ(笑)な薬物である大麻を吸ってきて自分で判断してみました。

吸った場所はカリフォルニアです。

というのも、以前から気になっていたあの大麻ツアーに申し込んで、アテンドしてくれる方に着いていっただけです。

理由は至極簡単で、昔書いた記事の中に「ボク、このツアーに行くんだ!!」って書いたから、実際に行動してみただけです。

そう、だからわざわざその為にカリフォルニアのサンフランシスコに行ってきたわけですわ。

日本で大麻を吸うのはリスクがありすぎるからね。

一応書きますが、どんなに国内の大麻に関しての法律が間違っていても、日本で大麻の使用や所持は「ダメ、絶対」です。

ちなみに大麻取締法は国外で使用しても、国外犯規定が適用されますが、海外の現場に関しては警察権が及ばないので立件されないものとして考えております。

ボク自身もまだ逮捕されてませんし、この先も逮捕はされないと思っています。

スポンサーリンク

大麻業界取材ツアー

この大麻業界取材ツアー、昔は大麻ツアーという名前だったみたいですが、今は大麻業界取材ツアーに変わってるみたいです。

きっと大人の事情で変えざるを得ないんでしょうね…まぁいいや。

大麻業界取材ツアーというだけあって、向こうではアテンダントさんと一緒に色々なディスペンサリーへ行き、様々なモノを見たり、写真を撮ったりしました。

実に取材っぽいツアーで、非常に良いんじゃないでしょうか?

初日にはSFの有名なディスペンサリーへ連れて行ってもらって、大麻の買い方や、効果、そしてどういう風に使うか等をレクチャーしてもらいました。

ただディスペンサリーへは連れて行ってくれるのですが、中に入って吸うかどうかは各自の判断に委ねられるみたいです。

アテンドさんのお仕事はあくまでディスペンサリーの紹介、大麻に関してのレクチャー、あとは英語の通訳だけという事みたいです。

そういう経緯もあって、もし個人的にディスペンサリーで大麻の購入や喫煙を楽しみたいのであれば、お店の内部で通訳が必要になるとアテンドさんに言って、付き添って貰う必要があります。

そしてもちろん食べてきました、edible(エディブル)と言われる大麻の成分が含有されたチョコレートやクッキーを!

うまいよ、最高かよ!まぁ、ちょっと大麻の匂いがするんだけど、普通に食べられるね。

ただ、ディスペンサリーと言われる場所の中では、プライバシー配慮の為かあまり写真が撮れませんでした。

大麻ってどんな感じ?

今回はじめて大麻を吸ったり食べたりしてみたんだけど、やっぱすごい…大麻はすごい!

日本にいる間はかなりヒドイ睡眠障害だったんだけど、カリフォルニアにきて久しぶりに安らかに寝る事が出来ました。

普段から不安感が強くて、それが原因で眠れないっていう悪循環に陥ってるボクなんですが、すっきり眠ることができました。

ちなみに大麻を吸ってから数時間は、超くだらない話とかして笑いまくってたんだけど、実は話している間は気分がすごく落ち着いてるんですよね。

話している間とか、目をつぶって深く息を吸うとすごくリラックス出来る気持ちになってよかったなー。

あと大事なことなんですが、エディブルはすごい効きが強くてむちゃくちゃ重力を感じますよ。

パッケージに入ったチョコレートを一欠片を食べようと思ったけど、アテンダントの方が「最初は少なめから摂取したほうがいいですね」って言ってくれなかったら、ボクはやばかったかもしれないw

やっぱりアレですね、最初は信頼できる人とか、知見のある人と一緒に使ってみないと危ないかもしれないですね〜。

滞在期間は3日くらいだったけど、毎日大麻を吸ったり食べたりしてました。

アテンダントの人と一緒に映画とか見に行ったけど、やばかったなw

あんなに映画が楽しい体験になるなんて、普通じゃありえないよ!!

まぁとにかく何が言いたいかというと、すごいレアな体験で、すごい楽しくて、やばい価値のあるツアーだったという事ですかね。

まぁ今は日本にいるのでまったく大麻を吸っていないし、欲しいとも思わないのですが、大麻はすごく良いモノだと自分で判断しました。

みなさんがどう感じるかはわかりませんし、ボクは皆さんに対して大麻の使用を推奨しているわけでもございません(建前でこの文章をつけなきゃいけないのは非常にめんどくさいな…)

とにかく医療用での解禁は速攻で着手した方がいいのかなとは思いますけどね。

では。

【おまけ:大麻の体験を短めに説明】

  • お腹が空く
  • 口が渇く
  • 何食べても美味しい
  • 音楽の隠れた音が聞こえる
  • 集中力がやばいあがる
  • ただただ笑える
  • 二日酔い(?)とかにはならなかった
  • 落ち着く
  • 映画が楽しい!
  • むちゃポジティブ
  • 人生が明るくなる
  • 不安感が無くなる

とか、そんな感じすかね。

あの大麻業界取材ツアーに興味のある人は、こちらをチェックしてみて下さい。

スカイプで話しながら色々とツアープランを組んでくれました。

なかなか厳しめのリクエストにも頑張って応えようとしてくれたんで、ツアーにしては柔軟性が非常に高いのかな〜と思いました。

ではでは。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す