Warning: Use of undefined constant TABBER_TABS_DIR - assumed 'TABBER_TABS_DIR' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kaoruk/www/ole/wp-content/plugins/tabber-tabs-widget/tabber-tabs.php on line 31
遺品整理で出てきた切手は出張買取して貰おう - The Ole Street JournalThe Ole Street Journal

The Ole Street Journal

not so breaking news and whatnot.

遺品整理で出てきた切手は出張買取して貰おう

calendar

reload

遺品整理で出てきた切手は出張買取して貰おう

スポンサーリンク

切手は買い取って貰おう

どうも、Tokyoで切手専門のハンターをやっている、ボクです。

一ツ星(シングル)ハンターの称号を貰うために、世界に3枚しか無いと言われている偉大なる切手(グランドスタンプ)を求めてニシヘヒガシヘです。

ちなみに念の系統は強化系なので、もっぱら水道代を抑えるのに使っています。やったぜ!

さて、そんな嘘はどうでも良いとして、今日は祖母が他界した時に湧いて出てきた切手の処分に困った時の話をします。

ボクは一応現代っ子なので、年賀状、切手、その他もろもろの類はインターネッツが普及する前からあまり馴染みが無く、ゴミだと思っていました。

切手とかさ、なんなのあれ?

手紙送る時にしか使えねーとか、ゴミじゃん。しかもペラペラで無くしやすいし。

漢(オトコ)なら、昔ながらのスタンプと蝋を使えよ!

ちなみに遺品の整理の時に出てきた物は他にもあって、テレカメトロカード古銭古い紙幣など様々です。

古銭

いや、まじ、これどうすんの?

お金になるの?現代の貨幣価値で言うといくらなのよ?って感じなんですよね。

スポンサーリンク

金券ショップで切手の買取

とりあえず切手とか買い取ってもらいたいなーと思って、家から歩いて15分くらいのところにある金券ショップに行ったんですよ。

このくっそ寒い中行ったんですよ!ペラッペラの切手のシートクリアファイルとかバインダーにパンパンに詰めていったんすよ。

ただ、今回行って初めてわかったけど、ホント金券ショップ好きになれないわ。

理由はいっぱいあるんだけど、まずは店の大きさね。

外側からはわかんなかったんですけど、そこの金券ショップってくっそ狭いの。

ボクが1人入っただけでなのに、もう東西線状態。ぎゅうぎゅうですよ。

しかも店員さんが査定してくれてる間、ショップの外に行列とかもできちゃってて、あの急かされてる感じも好きになれない。

男子便で用を足してる時に後ろに並ばれる感覚わかります?

ショップに居る間は常にあの感覚なわけですね。

あとは透明なガラス?を隔ててお店の人と会話をしてるから軽く刑務所感覚だし、音がこもって声が聞こえ辛い。

さらに好きになれない理由は、その店のおっさん。

結構年もいってるおっさんだから、もう会話に覇気が無いのよ。

いうたら、向こうもトレジャーハンターなわけでしょ?

こう、金券ショップのドアを開けたら「ドン!」みたいな効果音がバックにでかく出ても良いはずじゃん?

でもそこのおっさんは違うんスよ。

どちらかというと、もう半分逝きかけのおじさんなの。

「えぇ〜?そちが買い取るんかや?もう死ぬかもしれないのに?」とか思っちゃうわけよ。

しかもオッサンはなんか訳の分からない切手トリビアとかを披露してくるのね。

やっぱボクも性格が悪いとはいえ「いや、そういうのいいから…とっとと切手数えて。」とか言えないのよ。

というか、切手を普段使わない上に、今売りに来ている人間にそのトリビアをいつ活用しろってんだよ…合コンか?絶対DON引きでしょうよ。

ほんでオッサンが切手のシートをペラペラ査定してる間、ボク暇だったんで、オッサンを観察してたんですよ。

そしたら、そのおっさんの服、腕の部分がちょっと破れてんのね。

もう、心の中で

って思いましたよ。

いや、まぁ良いんだよ、ボクもドラクエの初期装備みたいな布の服とパーカーしか着てなかったし。

ただやっぱ査定をされているという行為に集中出来ないから、夢現で話を聞いてたわけではありますが、オッサンが言うわけよ。

「これ位の切手だとね、○○○円ですね。」ってね。

やっすw

やっすいっすねwww

もう笑いが止まらない位やっすいんすよねwww

一瞬、あのトリビアって有料だったのか?だから査定額がそんなもんなのか?とかも思ったんですが、まぁ恐らく違うでしょう。

そんで、ボクが往復で使う時間の30分を返せ!とも思ったのですが、元々査定だけしてもらうつもりだったので、そこは良しとして家に帰りました。

切手は出張買取

一応今回のエントリーの核を書くと、「切手はね、出張買取ですよ。

出張買取がベストなんすよ、という結果に成りました。

歩いてすぐの場所に金券ショップあっても、行くのめんどくせーし、そもそも高値つかないし、パンパンなカバンを持っていくのめんどせーんですもの。

あの金券ショップから家に帰った後に色々とググったんですよね。

それでわかったんですけど、最近は切手も出張買取してくれるんですね。

まぁ出張してくれるところ自体は色々あったんですけど、買取プレミアムってとこだと無料出張・査定だけでもOK、しかも全国対応な上に24時間受付中らしいんですよ。

じゃ、 切手の買取なら買取プレミアムだろう、と決断してネットから申し込んで買取のお兄さんを呼びました。

やはり家まで買取の出張をしてくれるというのは便利ですね。

外に出なくて良いから寒く無いし、僕が移動に時間を使わずに、その分の時間は他の事に充てられるわけですしね。

ボクはその浮いた時間でビットコインで爆死した人のツイート眺めておりました。非常に有意義。

ちなみに、女性の方々の中には「出張買取に来る人が怖いオニイさんだったら嫌だな〜」って感じる人もいるかと思いますが、そんな方はこれを見て↓

独身女性も安心の女性査定員指名サービスがありますよ!

すげぇや…

そんなこんなで金券ショップよりもちょい高値出張買取のお兄さんに切手を買い取ってもらい、そのお金の一部でストロングゼロをケースで買いました。

今後の将来の不安や、祖母が他界した悲しみを消し飛ばす、良い投資をしたなぁというのが今回のブログエントリーでございます。

ちなみにその投資のリターンは肝硬変脳細胞の死滅ぐらいんなんじゃないでしょうか?

では。

不要な切手、想い出の切手、売るなら【買取プレミアム】


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す