Warning: Use of undefined constant TABBER_TABS_DIR - assumed 'TABBER_TABS_DIR' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kaoruk/www/ole/wp-content/plugins/tabber-tabs-widget/tabber-tabs.php on line 31
未経験からプログラマーへ転職したい人は失敗しない為に何からする? - The Ole Street JournalThe Ole Street Journal

The Ole Street Journal

not so breaking news and whatnot.

未経験からプログラマーへ転職したい人は失敗しない為に何からする?

calendar

reload

未経験からプログラマーへ転職したい人は失敗しない為に何からする?

スポンサーリンク

未経験からエンジニアに転職

どうも、エンジニア歴ゼロからエンジニアに転職した経験をもつボクです。

おしゃべりクソ野郎よりもおしゃべりな人間だと自負しているボクは営業が好きではありましたが、将来の選択肢を広げるという意味合いを込めて、プログラミングをゼロから学んで転職しました。

果たしてこの選択は成功だったのか、失敗だったのか?それは死んでみるまでわかりません。

今日はそんな未経験からエンジニアに転職したい人が失敗しない為には、まず何をするべきかを、書いてみようと思います。

スポンサーリンク

プログラミングをしてみる

まずはこれに限ります。

正直、今の世の中であれば、教育に関しての事はほとんど無料で受けられるとボクは思っています。

ネットとか電気代とかそういう細かい事は抜きにしてね。

プログラミングも同じですよね。

まずプログラミング教育において常に無償の愛を施し続けている代表格のプロゲート先生!

最近、課金コースが増えてきているのが目立ちますが、まだまだ十分無料で学べますので、まず最初の一歩はプロゲートのアカウントを登録するところから始めましょう。

そんでもって、目的別コースみたいなのがあるので、とりあえず自分の興味がある言語か、「まずはここからスタート」って書いてあるコースから始めれば、大丈夫です。

mokutekibetsu

どうですか?プロゲート面白いですか?

プログラミング面白いですか?

もしこの時点でプログラミングに飽きたり、つまらないと感じた場合、転職したら死にますよ。。。

ちなみに僕の知り合い数人は、某エンジニアスクールでプログラミングを学習していましたが、学習終了後に営業職に戻ったり、途中でエンジニアには向いていないと思い、スクール自体を辞めました

うん、あのスクールはまじで人生を変えるわ。

プロゲート飽きた?次?

どのくらいで飽きるかは人によりけりではありますが、多分プロゲレベル(プロゲート内のレベルを勝手にそう呼んでいます)が50を超えてきたあたりから、飽きるんじゃ無いんですかね?

そんで次ですよね?

早く何かしたいですよね?

もう、さっさと実戦形式いっちゃいましょうよ。

多分このブログを読んでいる人って、エンジニアスクールに通って、そのスクールに就職先紹介してもらったり、フリーランスになりたい人が読んでると思うんですよね。

で、あればですよ?

一旦、スクールの中身とか、どうやって学習するのか体験してきた方がいいんじゃないんですかね?

今のところ、侍エンジニア塾では、プログラミング学習の無料体験レッスンを行っているみたいです。

レッスン受けに行くのが面倒くさい?Skypeレッスンもありますよ!

一旦これを受けてみて、本当についていけそうかどうかを見極める判断材料にしてもいいのかな、とは思います。

なんか、レッスン受けるだけでかなり特典もあるみたいだし。。。

こういう系の無料レッスンは、サービス開始の初期だけプロモーションや実績作りでやっている事が多いので、このキャンペーンが終わる前に実際に無料レッスンやカウンリングを受けて、そのスクールの質を見極めた方が良いです。

別のプログラミングスクールのTech Expert(テックエキスパート)も昔は、キャッシュバックキャンペーン授業料の約40万円分が返金されるキャンペーンがあったのですが、最近はそれが無くなったみたいですしね。。。

ね?善はいそげでしょ?

ちなみに今は(2018/02/20現在)アマギフのプレゼントもやってるみたいですよ。いや、すごい。

無料体験レッスンの予約リンク

レッスンは楽しかった?

レッスンはどうだった?楽しかったですか?

本当に?

ちなみに実際にスクールに通うとなると、これから先数ヶ月はプログラミング漬けですよ?

本当に大丈夫?

転職したら、ずーっとプログラミング漬けですよ?

本当の本当に大丈夫?

もし本当に大丈夫なのであれば、今度は本当に通いたいエンジニアスクールを選定しましょう。

もし今読んでいるあなたが、都内に住んでいる、都内まで通える、もしくは都内に引っ越すつもりなのであれば、選択肢はかなりあると思います。

あ、そんな事より、あなたは何系のエンジニアを志望しているんですか?

webエンジニア

ざっくりとした解説としては、webエンジニアはサイトやサービスの開発や運用を行うイメージです。

ちなみにwebエンジニアでも、フロントエンドエンジニアバックエンドエンジニアとかっていう区分があります。

フロントは基本的にユーザーが見る部分に関わる領域を作っていきます。

そしてバックエンドはサーバーやミドルウェア、さらにはデータベースの様なユーザーから見えない情報を扱う部分を作っていきます。

とりあえずweb系エンジニアのスクールでいいのであれば、都内の無料・実質無料系のスクールは、渋谷のポテパンキャンプです。

実質無料というのは、受講後にスクールが紹介している企業に就職した場合は受講料が全額戻ってくるというものです。

最近は、このキャッシュバックをやっている会社があまり無いので、現在はポテパンキャンプはなかなかオススメのスクールです。

無料のスクールが怖い方は、ポテパンさんの無料カウンセリングでお話を聞いてみる事を非常にオススメします。

無料カウンセリングを予約する

インフラエンジニア

インフラエンジニアの仕事内容をザックリと説明すると、企業や学校などのネットワークを構築して、それが安定して動く様にする仕事です。

わかりますか?わからないですよね?

インフラといえば、水道とか、道路とか、そういった生活に無くてはならないものですよね?

一番近い例えとしては、ネットワークは道路で、データは車とかそういう感じの説明になると思います。

道路を整備しないと、車は走れませんし、道路をもっと便利にする為に、道幅を広げたり、信号を作って流れを作ったりと、そういうイメージですね。

webエンジニアと違い派手さはないのですが、インフラ関係という事で、仕事の数もかなり安定しているといわれています。

やはり職種柄安定しているのか、最近はこのインフラエンジニアの人気が高い傾向にあるようです。

転職ありきのスクールであれば、エンジニアカレッジか、ネットビジョンアカデミー今のところ実質完全に無料なのでオススメです。

インフラエンジニアが気になる人は、スクールの予約が混み合う前に一旦お話だけでも聞きに行くのが得策かもしれませんね!

エンジニアカレッジ公式HPへ

ネットビジョンアカデミー公式HPへ

今日は、指が痛いのでこの辺でおしまい!

あ、まだ本格的にスクールを決めるの早いですよ!

お金を払うとか、払わないとか関係なしに、通える範囲のスクールのメンターやカウンセラーと全部話して、一番自分に合うところをしっかりと選びましょう!

次回は、避けるべきエンジニアスクールの記事でも書こうかと思います。

では!

この記事をシェアする

コメント

down コメントを残す