The Ole Street Journal

not so breaking news and whatnot.

元ECコンサルタントが売り上げアップについて少し書く

calendar

どうも、僕です。

前回のエントリーでもお話しした通り、以前ECコンサルタントとして働いていたので、その時の知見を活かして今日も何かしら書いてみます。

僕が今からネットショッピングというマーケットに飛び込むのであればオリジナル商品を売り込むか特化型の店舗にするというお話しを前回いたしました。

なので今回は、オリジナルアイテムが手元にある(制作済みの)状況で、どうやってその商品を売り込むかを考えます。

ただね…これ、元コンサルがこんな事言っちゃいけないとは思いますが、オリジナル商品でヒットを出すのってはっきり言うとめちゃくちゃ難しいです。

理由はオリジナルアイテムは知名度がない(=良いかわからない)のと、コンビニとかスーパーで売っている同じようなアイテムに勝てるのか、という事ですね。

だから一旦頭の中で練習しましょう。

物はなんでもいいと思います。

ダイエットサプリ、お菓子、洗剤、美容液、食品とかね…

例えば、オリジナルでインスタントコーヒーを開発して売り込む場合で話をすすめましょう。

そのコーヒーは、誰が飲んでもコンビニや市販のコーヒーより美味しいですか?安いですか?便利ですか?どうなんですか?って事ですよね。。。

僕は超敏腕コンサルでもなんでもないので、ただただひたすら考えて、クライアントの予算と、制約の中でリスキーなものを潰し、過去の施策や、扱うアイテムのカテゴリーの現状況について深く考えて、その時に可能性が一番高そうなものを選ぶようにしています。

まぁ、普通ですね、うん。

ちなみに、僕が担当していた店舗さん達が言うには、オリジナルアイテムを100〜300個ほど考えて、その中でも1本ヒットがでるかでないかという世界らしいです。

失敗していったアイテム達の中には、利益とトントンぐらいなアイテムもあれば、それこそ鬼のような在庫を抱えてしまったという事もあるそうです。

いや〜こわいすね〜…まぁでもね、あれですよ。

チャレンジしない事には、成功しないすからね。うん。

はい、という事で前置きが長くはなりましたが、僕ならこう売り込むよという事を少し書いていきます。

スポンサーリンク

LP作り

まずはやっぱりこれですよねー、ランディングページ(LP)。

縦型のLPで訪問した人に対して、どれだけそのアイテムが良いのかを売り込むってやつですね。

例えば、この睡眠サポートサプリ、爽眠αなんですがちょっと見て欲しいです。

PCにもSPにも対応してますね。

最近はPCよりもモバイルから何かを購入するという事が増えているので、これはぜひ押さえておきたい仕様です。

あと情報の取捨選択ですよね。

いかに睡眠が大事か、睡眠時間はどれだけ人生の割合を占めているか、そのサプリに使われている成分はなぜ睡眠の質を向上させるのか、とかね。

いわゆる訪問ユーザーがそのアイテムを「買うべき理由」を明確にしていると良いですよね。

あとは、ユーザーの評価とかも載せてますよね。

これはめちゃくちゃ大事ですよね。顔写真とリアルな感想

そもそも誰もそのアイテムを体験していないのに、無名の通販業者から買いますか?

買わないですよね?

もしリアルな体験談が欲しいのであれば、お試し系で買ってくれたユーザーにやってもらうのが一番の近道かなぁ、と思います。

リアルじゃなくてもいいなら、Bizseekみたいなクラウドソーシングサービスを使って商品サンプルを送ってライティングしてもらうとかですかね。

あと、最後に漫画を使ってストーリーを伝えやすくするのも良いですよね。漫画ってやっぱり読んじゃいますし、絵と説明で共感しやすいですし。

スポンサーリンク

商品設計

商品設計も売り込むための要素で大事です。

ここで言う商品設計は、製造コスト、送料、広告費等全部ひっくるめて考えて欲しいです。

いわゆる

定期購入がゴールでリピートして欲しいのだろうけども、その前段階でお試し購入ができるというところですよね。

これで、購入へのハードルが低くなりますよね。

まぁお試し品にかかるすべての値段を考えても赤字にならない事が一番ですよね。

商品の製造+送料を含めた上での、値段設計は大事ですね〜という事ですね。

実績作り

ちょと書く順番がおかしくなってしまいましたが、まずはこれですよね。

LPを作る前に実績を作らないといけませんね。

じゃないとLPに載せる評価実績が書けないですからね。

で、さっきも少し触れましたが、やっぱりお試し買ってくれた人からのレビューは必要ですが、他にも小さい商店とかへの導入実績とかも良いかもしれないですね。

インスタントコーヒーの新商品なら、小さいカフェに置いてもらうとか、難しいとはおもうけどホテルとか民泊経営者に使ってもらうとか。

そういったサービスを運営している人に卸すか、サンプルで使って貰ったりとかは大事だと思います。

最後に

さぁいかがでしょうか?

ちょっと書く順番が前後左右しましたが、商品設計実績作り、そんでLP制作って感じですかね。

LPを作ったら、次はそのLPに人を集める集客ですね!

これもまた一筋縄じゃいかないですからね、あなたの会社の広告費を見直す良い機会になるかもしれませんね。

オリジナルアイテムを生み出し、ヒットがでるまでの道筋は非常に長いですが、誰にも邪魔されない主力の商品とそのファン(顧客)をゲットすれば会社が利益を生み出す方法としはかなり強いですからね!

頑張りましょう!

ちなみに個人的にお話を聞いてみたい、もしくはアドバイスが欲しい的な方はTwitterにDM下さい。

アドバイス程度だったら無料ですので!

それでは!
ネットショップ開業ならEストアー

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す