The Ole Street Journal

not so breaking news and whatnot.

引っ越すから断捨離!!不用品は買い取り希望よ!

calendar

スポンサーリンク

ボク、引っ越すってよ

私事ではありますが、引っ越します。

とはいっても、そんなに長距離移動するわけでは無く、まぁ今の家から歩いて10分位のところっす。

理由としては色々あるけど、今住んでいる場所はちょっと自分には広すぎる…

あと貯金もしたいしね!もうちょっと安い所に住もうかなと思うわけですよ。

そんでね、今の場所は2年半住んでるんだけど、物が多いっす!!!!

ゴミとまでは言わないけど、使わない物とか、服とか多いんですよ〜…

いつの間にこんなに増えたのか…

これを機にさっぱりしたいです!

スポンサーリンク

そもそもなぜ断捨離?

「今時断捨離なんてどんだけ遅れてるの〜、ぷぷぷー!」と丸の内ら辺にいるOLに笑われそうですが、お前らはちょっと黙れ。

ボクはねやりたい時に、ヤル男なの!

もちろん無理はしないし、合意が取れないとやらないよ!

俺は元TBS記者の山口敬之さんじゃないんだから!

…話がそれちゃったよ!

とにかく物を捨てたいのさ。

最近ふと考えたんだけど、どんだけ物があっても、日常的に使うものって結構限られてるんですよね。

例えば服とか靴とかむっちゃくそ多いんだけど、普段使うやつって多分数パターン位なんですよね。

ビジネスシーンの時も、もうスーツを着る機会がないからビジネスカジュアルなわけですよね。

しかもそのビジカジ(おっさん臭い響きの単語だね、これ)の服って普段にも普通に着れるやつなんですよね。

靴はどうせいっつもこのマーチンのショートブーツだし。

つまりボクの場合は服はいらないわけですね。

というわけで、売ります。

基本的にはジモティで売ります、簡単なんで。

本の買取は慎重に…

そうそう、フリマアプリに出品してみて初めて気づくのですが、服って案外簡単に売れるんですね。

ブランドものじゃなくても、いらない服なんかは100〜500円位に設定しておけば、簡単に動くので処分は超楽勝!

問題は、本と食器とかの買取なんですよね…

本はブックオフが無料で査定しに来てくれるけど、昔ものすごいカスみたいな価格で買い取ってもらって以来軽くトラウマなんですよ…

専門書とか大学の教科書とか元値が高かった物は、絶対にブックオフで売るのは辞めて下さい。

まじでカス査定ですから。

そもそも査定する側は、あんまりその本の価値がわかってないからね?

じゃあ専門書教科書はどこに買い取って貰うか?

それが、「専門書アカデミー」です。

銀行振り込みとアマゾンギフト券払いがあるので超便利です!

アマギフの場合は、査定額が5%アップするという仕様!

10冊以上の買取査定で、送料無料になります!しかもうれしい事に送る時のダンボールまで無料

これで、この専門書達ともおさらばだぜ!

でも、漫画と小説もいっぱいあるんだよね…

それはまた今度考えます。

では。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す