Warning: Use of undefined constant TABBER_TABS_DIR - assumed 'TABBER_TABS_DIR' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kaoruk/www/ole/wp-content/plugins/tabber-tabs-widget/tabber-tabs.php on line 31
プログラミングスクール、今ならTECH EXPERT(テックエキスパート)をおすすめしない理由 - The Ole Street JournalThe Ole Street Journal

The Ole Street Journal

not so breaking news and whatnot.

プログラミングスクール、今ならTECH EXPERT(テックエキスパート)をおすすめしない理由

calendar

reload

プログラミングスクール、今ならTECH EXPERT(テックエキスパート)をおすすめしない理由

1月に設定した目標の為に、きょうもせっせとブログを書きます。

読者がいるのかどうかは気になるところですが、まぁいいでしょう。

今日のお話は今だったらプログラミングスクール選びに、TECH EXPERT(テックエキスパート)を選ばないというお話です。

スポンサーリンク

なぜテックエキスパートを選ばない?

まずは料金の面ですね。

ボクがテックエキスパートに通っていた時は、条件付きではありますが100%キャッシュバックのキャンペーンを行っていたので、テックエキスパート経由で就職した場合は約40万円が返金されました。

これはテックエキスパートを経営している株式会社divが人材を支援するという形で就職先の企業からお金を貰う、いわゆる”人材紹介事業”の形で成り立っているんですね。

だから、入学金・授業料の40万円を生徒に返還する事ができるのでした。

ちなみに人材業界では、商品(人材)が動けば、その人の年収の約30%が斡旋元に支払われます。

もし、あなたが年収350万円で未経験エンジニアとして仕事に就けば、divは約105万円を斡旋先から受け取る事になります。

その上、生徒から約40万円を受け取れるので、在庫一人あたり(生徒1人あたり)約145万円ぐらいのお金が動くわけですね。

なぜ、ボクがそんな事を知っているかといえば、ボク実は人材系の会社に絶対必要な講習を受けているんですね。

スポンサーリンク

40万円でリスクを買うか?

これを踏まえた上で何が言いたいかというと、TECH EXPERTは本当に生徒の事を考えて運営しているのかな?って事ですね。

年収バリ上がります的な事を言っている反面、こういう人もいるという事を忘れてはいけないですよね。

過去のツイートをみればわかるけど、この方もテックエキスパート上がりなんですよね。

つまり40万払って10週間学んでも、安泰では無いという事ですね。

そう考えると40万円払うのは、アホらしいと思います。

40万円払ってリスクを買うのありえないですね。

だったら、他の教育費が無償のところか安い所に行きましょう。

例えば、プログラマカレッジなんかは、無料ですよね。

エンジニアとして働いてわかった事の1つなのですが、エンジニア(学習含め)としてやっていく上で、本当に最初の導入以外は自分で調べるか勉強するしかないんです。

だからエンジニアの為の質問サイトのteratailとか、自己学習の為のUdemyとかがむちゃくちゃ人気なんでしょうね。

つまり、エンジニアとしての基礎を学ぶのに40万円払えるかどうか、そこを考えた上でプログラミングスクールを検討しましょう。

何を求めている?

就職支援とプログラミング教育だけを見ると、はっきり言ってどこも大差ないというのがボクの感想です。

あとは求めるとしたらカリキュラムの内容でしょうか?

プログラミングスクールが目新しかったころはこぞって、HTML&CSS、Ruby、Ruby on Railsをメインに教えていました。

超正直な話、HTML&CSSはProgateで十分です。

ちなみにボクの体感ではありますが、Rubyを学んでも、未経験からRubyメインの仕事に就ける人は稀有だと思います。

そもそもの案件数が違いますしね…

なので、もし本当に生活と年収アップを狙うのであれば、案件数があるPHPとか、Javaをやった方がいいです。

もう一つは、web系ではなくインフラ系エンジニアという手もあります。

未経験でもインフラ系エンジニアになれる可能性は十分にあります。

というか、インフラ系の方が足りていないのが現状です。

さらに良い事に、インフラ系は技術の移り変わりがそこまで早くないので、一度学んでしまえばゆっくり新しい技術を学んでも大丈夫です。

あぁ、今回のエントリーはガチで書いたから長くなったな…

最後に…

もしボクが今学校をえらぶなら、プログラマカレッジです。

理由は、カリキュラムがPHPとJava焦点を絞っているからです。

もっと言えば、プログラマカレッジを運営しているインターノウスという会社はSES(技術派遣業)がメインの事業なので、エンジニアとして仕事をする時に何が必要かわかっている、そしてそれをカリキュラム化しているという点です。

あと、先程も言いましたが授業料が無償な点も大いにプラスですよね。

プログラマカレッジが気になった方は、以下より説明会に参加してみて下さい。

【完全無料プログラミング研修&就活塾】

ちなみにインフラ系エンジニアも授業料無料+就職支援のサービスはあります。

それがネットビジョンアカデミーというところですね。

正直なところ、無料+インフラ系の学習はここしかないので完全に今が1番いいと思います。

もちろん、ここも就職支援があります。

ぶっちゃけ色々な人と話しているうちに、いい学校と微妙な学校のパターンが見えてきました。

元々SESをやっていた会社がやる教育サービスの方が、実践的。

教育系から入った転職支援ありきの学校は、まぁ…うん。ね?あえて言いません。

とにかくボクがいいたい事は…

これを見ている人生を少しでも良くしようとしている人達や、プログラマーになろうとしている未経験の人が一人でも多く良い人生を歩めるようにこの記事を書きました。

何故なら僕は、エンジニアとして斡旋された会社を辞めたからです。

くっそはんぱねーブラック企業に引っかかったので辞めました。

学校選びは慎重に、そんだけ。

ブログでは話せない事もいっぱいあるので、もし未経験でエンジニアを目指しているのであればご連絡お待ちしております。

テキストとして残すことが出来ないむっちゃくちゃディープな話もってます。

では。

※追記 2018/03/30

無料のスクールでインフラ系エンジニアありました!ギークジョブでは、インフラエンジニアに成る事も可能らしいです!こちらのスクールも是非チェッくしてみて下さい。

オススメ記事!

未経験からプログラマーへ転職したい人は失敗しない為に何からする?

tech camp expertの選考に落ちたんですが…という質問に答えてみた

Tech Expertの選考について思った事を今更書く

この記事をシェアする

コメント

down コメントを残す