The Ole Street Journal

not so breaking news and whatnot.

TECH::EXPERT(テック エキスパート)、二ヶ月目【就職・転職編】

calendar

reload

TECH::EXPERT(テック エキスパート)、二ヶ月目【就職・転職編】

TECH::EXPERT(テック エキスパート)、そこはずぶのプログラミング素人にエンジニアとして働けるような教育を施し、荒野に放つ、東京は渋谷発の教育施設。

“人生を変える10週間をあなたに”というキャッチフレーズを掲げているが、良い方向にも悪い方向にも変わるので、気をつけて欲しい。

このブログエントリーはそんな、人間のカス(略してニンカス)であるボクが、実際にtech expertで体験した事を基にしたブログエントリーである。

こんな前説は正直どうでもいい。

スポンサーリンク

転職編のはじまり

実はもうtech expertの紹介先企業から内定をもらって、実際に働いているタイミングでこの記事を書いています(現在、2017/10/03)。

前回のエントリーでも言及している通り、ある課題が終わると同時に、本格的な転職活動が始まりました。Tech expertの教室の右側にミーティングルームみたいのがたくさんあって、最低でも毎週1回自己分析や、どんな企業を志望しているかを話し合います。

ミーティングの回数が少なくてキャリアアドバイザ(CA)に会えなくて寂しい!!って泣きはらす人も、ご安心下さい。あなたのリクエストに応じて(時間が許す限り)ミーティングをしてくれます。でも折角そういう時間をもらったのだからら、井戸端会議ではなく面接の練習とか自己分析のお手伝いをしてもらいましょう。CAの方々は(ボクが知る限り)前職は人材系でそういった業務を行っていた方ばかり(のはず)です。

スポンサーリンク

転職編で関わる人たち

Tech expertの中でも、ちょっと説明が難しい部分になります。なぜならボクの平均より少し小さめな脳みそだと説明力に限界があるからなのと、やたらと複雑でめんどくさいルートでやり取りが行われるからです。

まずはざっくりとした関係性と役割を書き連ねます

Tech expertの営業さん
受講生の為に就職斡旋先を獲得してくる人。いわゆる神。斡旋先企業と直接やりとりしてるので、企業が必要としてる人柄やスキルを含め、斡旋先企業についてよく知っている(はず)。転職する時の条件面(主におちんぎん)などは恐らくこの人の交渉次第。あまり教室で見る機会が無いので、恐らく隠しキャラか何か。

Tech expertのキャリアアドバイザさん(CA)
親身にアナタの事を聞いてくれて、どんな企業が良いかを提案してくれる。ボクの所感では、おそらく斡旋先企業(やIT関係)の事はあまり知らない人もいる。面談の練習も手伝ってくれる。

Tech expertの受講生
恐らく将来のアナタ。ボクにどうやってアナタの事を説明しろと?

とまぁ、こんな感じです。

ボクが体験したこの転職にまつわるフローは以下の感じです。

  1. CAとアナタの面談があります。このタイミングでアナタがどんな企業に行きたいか、何をしたいか、どんな条件がいいかを話す。人間素直が大事だが、あまり無茶を言ってもはじまらないので、どんな条件かはアナタの常識の範囲内で考えて欲しい。少なくとも年収1000万欲しいですとか言わないように。
  2. 上記の面談内容を踏まえて、CAが営業さんに色々な確認をして、斡旋先リスト(多分200~300案件位)からいくつか提案してくれる(この提案の方法をボクはリストの開放と呼んでる)。先の面談からここまで、2〜4日かかる場合もある。
  3. CAから開放された企業の条件や仕事内容を確認して、エントリーするかどうか決める。エントリーするなら簡易な志望理由とかをWEB上で提出する。エントリーしないならボタン1つで辞退。楽ちんだわ。
  4. エントリーした書類にCA(と恐らく営業さん)が目を通して、それが企業側に渡る。
  5. 事前にCAさんに渡しておいた、職務経歴書・履歴書等と一緒にエントリーシートを企業側が見て、必要であれば面接の日程を組む。このフローが結構時間がかかる場合もある。エントリー提出から最初の返事が来るまで、早い企業であれば2~3日、遅い企業であれば永遠にこない。お祈りなのか、そもそも確認してないのかわからない時があるので、そこはCAさんのお尻を叩いて(比喩)確認を急いで貰おう。
  6. 面接数回通ったら内定出してもらう、条件面は内定を出してもらった後に、アナタがCAに伝えて、CAがそれを営業さんに伝えて、営業さんがそれを企業に伝えるというまさに日本人的なクソ遠回りな方法を取る。
  7. 内定承諾後、晴れてあなたも社会人です!

長かった…

これ図解したほうがわかりやすいので、各々で図を描いて落とし込んで下さい。

とにかく、この転職のフローについては改善の余地はあるんじゃないかな?と思います。

Tech expertにはどれくらい在籍してた?

内定が出るまでで3ヶ月は居なかったと思います。そこに関してあんまり自身は無いけど、そんなに長く居た感じもしません。

※時空が歪んでいますが、居心地はいいです。

Tech Expertは行くべき?

どうでしょう?自分の目的によるとおもいます。学校の力を借りて転職したいのであれば行くべきかもしれません。ただ、転職をして今より環境が良くなるかどうかはアナタのいまの環境によると思います。

ただ単純にwebサービスが作り方を学びたいだけなのであれば、tech campに通うだけでもいいのかもしれませんね。ボクの場合は全額キャッシュバックキャンペーンがあったり、エンジニアとして働きたかったのでTech expertに決めました。他の選択肢があれば他に決めていたかもしれませんね。

あと、実際にこういうブログを読むよりも、まず行動したほうが良いかも知れません。こういうスクールであればとりあえず面談に行くとか、twitterを覗いて実際にスクールに通っている人の話を聞いてみるとかね。

あとはこういう教育機関に行かないで、ネットで勉強するとかもありかもしれませんね。Udemyなら3000円位の教材で、フルスタックエンジニア(Tech expertが提供してるサービス内容と似ているもの+αの内容)に成る為の教材を販売してます。

Udemyでフルスタックエンジニアに!

【キャッシュバックがあるプログラミングスクール】

GEEKJOBで無料学習と転職!

転職特化型Ruby実践研修【ポテパンキャンプ】

初心者だって、大丈夫!学習継続率ならWebCamp

インフラエンジニア始めるならネットビジョンアカデミー(NVA)

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す