The Ole Street Journal

not so breaking news and whatnot.

Progateのレベルが50を超えて思う事

calendar

reload

Progateのレベルが50を超えて思う事

どうも、継続は力なりという言葉を知っていても、なかなかそれを実践できないボクです。

そんなボクでも週に3回くらいProgateでプログラミングっぽい事を学んでいます。

スポンサーリンク

いつのまにかLv.60

ほら見て下さいよ、ボクのProgateレベル!

lv60

そうなんですよ、Lv.60なんですね。

ポケモンでいったら、シロガネ山に居たレッドさんの手持ちポケモン位のレベルじゃないですか?

しかし彼は無口だなー。

まぁそんな事は良いとして、ここまでやってみて少し気づいたのですが、これだけやってても自分では何も作れないよ!って事

まぁそんなもんですよね。

何しろボクは無課金ユーザーですし。

スポンサーリンク

ボクの目標

いきなり、見出し2を使って話の脈をぶった斬るですが、ボクがプログラミングを学んでいるのにはちゃんとした目的があったのです。

それは、なんかゲームとかサービスを作って、”俺SUGEEEEE”っていう悦に浸ること。

クソゲーでもなんでもいいから、”俺SUGEEEEE”ってやる事なんですよ。

で、Lv60のボクの振り返りなんですが、何も作れてないわけですね。

そもそも、ボクってもういい年なんですが、世間に対して何かを残せたかっていう事を考えた時、何もないわけですね。

まぁ、いいとこ神保町の二郎で豚の塊をスープに沈めて、そっと店を出た事があるくらいですかね、何か残すっていう軸で話すと。

あれ以来、チャーシューを最初に食べるようにしているわけですよ。

話を戻すと、ボクってとんでもなくカスな存在なわけですよ。

だからまぁ、プログラミング勉強して、何かを残して、”ひゃっはー!”って感じになりたいんですね。

本でも読むか

今も昔も、知識は本からですよ。

僕も去年のいつか忘れたけど、Swiftの本を買ってたんですよね。

※クリックで大きくなったり、ならなかったり

今は友達に貸してるんで、本棚には無いですけどね。

ボクが買ったのは、絶対挫折しないシリーズみたいなやつ。

これをベースに、3本くらいアプリっぽい物を作ったんですよね。

まぁ、教科書に書いてある通りに沿っていけばいいんで、めっちゃわかりやすかったな。

確かに、挫折もしなかった。

しかも、Xcodeの使い方も知らないレベルから始めたボクにとって超丁寧な説明と要所にある自分が書いているコードの説明!

すんごい丁寧ですよ、超おすすめ。

ただ、やっぱり…

一通り読んで、書籍の内容を終わらせても、0から自分で作る事が出来ない…

Rubyですら…

ProgateのRuby 学習コース 基礎編(非課金)最近終わったんですが、むずかったっす。

特に最後の方は、今までやってきた事をまじで全部やる、そんな感じ。

あまり間を空けてやらない方がいい、色々と大事な事忘れてるから。

こんなに難しくて、基礎編なんだから、Ruby 学習コース 応用編なんてもう大丈夫かよ…

とにかくまぁ色々な事でつまづいたりしているのですが、だいたい詰んだらぐぐりますよね。

若しくは、オンライン上で聞けるフォーラム的なところで検索するとかですね。

有名な、ところだとレバさんがやってるテラテイルとかですね。

エンジニアによるエンジニアのためのサイト始まる!!【teratail】

やっぱ、わかんないとこは聞くに限る。

まぁそんなこんなで、最近はこんな感じです。

今回のエントリーは随分起承転結がない、書きなぐったエントリーだなぁ。。。

では。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す