The Ole Street Journal

not so breaking news and whatnot.

職業プログラマについて思う事

calendar

reload

職業プログラマについて思う事

どうも、1ヶ月程サボってたけど、何事もなくまた書き始めるボクです。

ブログなんて書いてる場合じゃねーって感じで、24時間が30日以上過ぎてました。

その間色々な事をやっていたのですが、このエントリーではそれについては触れません。

プログラミングの勉強も少しだけしてました。

とはいえ、なかなか学習のモチベが上がらないので、何故プログラミングを学ぶべきなのかという理由を、広大なウェブ上で探してました。

心が弱いもので、そういった物がないと続けられないんですよ。

というわけで、ボク的“プログラミングを学ぶメリット”リストです。

  • カッコイイ
  • キーボードを「ッターン!」できる
  • 稼げそう
  • 私服で会社に来ても怒られなさそう
  • 仕事がありそう

基本的に感覚で書いているので、ソースはありません!

まぁ、最近の社会でエンジニアが関わっていない事ってあんまりないんじゃないかな?って思う位なので、恐らくご飯を食べる事に於いては簡単なんじゃないでしょうか?

スポンサーリンク

ボクだけの意見じゃ信じられない?

もっともな判断だと思います。

なので、ボクより億万倍位すごい、ひろゆきのエンジニア最強論でも聞いてみて下さい。

ボクはエンジニアでもなんでもないので、どんだけエンジニアを推しても説得力には欠けますね。

大事なのは、積み重ねとかレバレッジとか、そんな感じらしいです。

特にひろゆきが大好きなのは、著作権系ビジネス。

初年度に本を一冊出して、印税が入る。

次年また一冊出して、印税が入るけど、今度は2冊分(売れれば)の印税が収入として入ってくる。

そういう積み重ねができる仕事が好きらしいです。

これと同じ考えで、エンジニアは積み重ねた物(システムとか、アプリとかの成果物)が、次に求職する時に役立つという事ですね。

まぁ、システムやアプリとかコードを面接の時に見せる分、営業職の実績とかよりも明らかですし。

とはいえ、そんなエンジニアとか著作権系ビジネスに携わっている人皆がめっちゃ稼げるわけじゃないとは思います。

というかボクに至っては、超超超ビギナーコーダーなわけだし。。。

わからない事だらけな訳ですし。

とりあえず、今は勉強あるのみですね。

全然関係ない流れではありますが、プログラミングの勉強をする時にお世話になっているサイトを紹介します。

簡単に言うと、Yahoo知恵袋のエンジニア特化版。

しかも無料。

まぁそんなこんなです。

最後に、今日までの進捗の画像を貼ります。

まぁ、全体的に色々とやっている感じですね。

では、今回はこのへんで。

この記事をシェアする

コメント

down コメントを残す